カテゴリ:BLOG

EP.3-S君

S君とは中学1年生で初めて会い、クラスも大体同じで気も会いました。しかしS君の親は教育熱心で水泳+テニスは7歳の頃からやらせ、8歳の頃には
ドラム+トランペット+トロンボーンを習い、塾には9歳の頃から通ってました。ゲームは小さい頃からハマリ、土日は毎週10時間近くやってます。

中学1年生:
成績は学年トップで先生からは良く褒められ、水泳では学校のチームに選ばれ、音楽では学校代表ジャズバンドに所属。

中学2年生:
少しずつ成績が落ち始める。毎日真面目に勉強はするものの中一のように上手くいかない。水泳は止めて、スポーツの魅力を失う。同時にバンド活動も
止めてゲームに対して更に中毒か。

年々S君の状態は悪化し、ついに今年(中学3年生)でS君は我を失いました。今まで親が全て管理したため、自分で何も判断できなくなっていました。何を勉強すればいいのか?宿題はいつやればいいのか?休みの間何をすれば良いのか?しかしS君の親はS君を責め、状況を悪化させるばかりです。。。

こんな風な状態に陥ってる子達は僕の周りで沢山います。
S君はその中の一人に過ぎません。親の誤った考え方によって壊されてしまいました。

僕の周りでどんぐり理論を知っている人は一人もいません。そんな中、たまに疑問になります:どんぐり理論って本当に正しいのか?こんな時は最近S君を思い出します。まさにS君がどんぐり理論の証明ですね。

コメント


認証コード9161

コメントは管理者の承認後に表示されます。